ログキョウ

91年生まれ、会社員(男)のブログ。皆様のライフスタイルを向上させる記事を配信しています!!

スポンサーリンク

稼げる男ってのは私生活からしっかりしている

僕の職場にすげー仕事が出来る女の先輩がいます。

正直言って店長よりもずっと仕事ができるし、下手すりゃ僕が出会った中で一番仕事ができる人かもしれない。

 

その人がよく言うのが「仕事が出来ない男は嫌い」「自分より仕事が出来る人が好き」という事。

 

自分よりも仕事が出来なくてお金も稼げない男なんて嫌いなのは普通な感情ですよね。

 

で、その先輩が言うには「稼げる男は私生活からしっかりしている」らしいです。

 

 

 

なぜ一流の男の腹は出ていないのか?

なぜ一流の男の腹は出ていないのか?

 

 

確かに、上記のような本が出版されるくらいだし、らふらくを運営しているタクスズキさんは毎朝6キロ走るような朝方ランニング健康人間。

 

仕事ができそうな人は清潔感があり、見た目が若々しい人が多い気もします。

 

先輩が言うには部屋の掃除も仕事のようなものだから、掃除をちゃんとする人は仕事もちゃんとやるとのこと。※この話を聞いてソッコーで部屋の掃除をしましたw

 

ただし、私生活がしっかりしている割に稼げない人や仕事が出来るとは言い難い人も残念ながらいます。

 

僕の友達にも部屋は超きれいで清潔。話は面白いけど仕事はちゃんとやらない不思議な人もいました。

 

 

また、私生活は全然しっかりしていない人。部屋は汚いし朝はなかなか起きないし運動もしない。でも仕事はできる人もいるから、一概には言えないでしょうね。

 

「私生活を変えること」は「人生」を変える 

 

ただし、私生活を変えると人生が変わると僕は思っています。なぜなら私生活を変えることは「習慣」を変えることだからです。

 

習慣化コンサルタントの古川武士氏はご自身の著書、『「やめる」習慣』の中で「毎日の行動の40%は習慣である」と書かれていて、習慣の重要性を説いています。

 

また、 大前研一さんの名言で

 

「人生を変える方法は3つしかない。①時間配分を変える。②住む場所を変える。③付き合う人を変える」

 

と仰っており、私生活を変えることが時間配分を変える事になるのが大半だと思うので私生活を変える事は人生を変えることにつながります。

 

 

もしも人生に迷っている。転職したい。けど何がやりたいか分からないなんて人は私生活から正してみると良いかもしれません。

 

仕事しながら、あるいは学校に通いながらも、毎日掃除をして、少し早く起きてランニングをする。料理も簡単な事から初めて外食は減らす。

 

断言できるのは私生活を正すことは損にはなりません。それでもしかしたら人生が変わるかもしれないのです。

 

とりあえず私生活を変えてみましょう。僕は昨日から始めています!

スポンサーリンク